日和佐道の駅検討委員会議 中間報告

「道の駅検討委員会」は地元ワークグループへの提言を行う立場であり、決定機関ではありません。ただ、さまざまな要望、希望に優先順位をつけ、管理体制をどうするのか、といった点まで踏み込んで話し合いたいと思っています。
(検討委員の活動は2003年3月までの予定)

今まで2回ほど開かれた会議の中では、さまざまな立場の方から、いろいろな意見が出されてきましたが、具体案はまだ見えてきていません。しかしながら、方向性としては以下に集約されてきました。

今までの会議で、高田が「歩き遍路の立場」からお伝えしたことは以下のような点です。

皆様からメールでお寄せいただいた要望について、高田が席上でお伝えできたことは

つけ加えて、高田から

といったような状況です。

時間の関係上、お伝えする機会がまだありませんが、上記のような要望のほかに、皆様からは以下のようなアイデアをお寄せいただいております。

いただいたご意見は、今後の会議で、出来る限りお伝えしていきたいと思いますが、なにぶん、一人の人間が短い時間内で発言できることは限られております。

今回の『日和佐道の駅 整備についてのアンケート』は、お遍路さんや利用者の声を、直接行政側に伝える良い機会だと思います。(現時点では、徳島県内からの回答が多く、四国外の方からの回答は3割程度、回答者のほぼ7割が男性・・・という報告を受けております)

私個人としては、歩き遍路も含めて、できるだけ幅広く、いろいろな人の声を集めてお伝えしたいと思いまして、今回、皆様にご協力をお願いする次第です。また、その他ご質問、ご要望がありましたら、高田宛に直接メールを送っていただいても構いませんので、どうぞよろしくお願いいたします。RXL15306@nifty.ne.jp