掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [99.12.26]
服部さんの「四国遍路八十八カ所を歩く」完結
by くしまひろし

    愛知県にお住まいの会社員・服部さんが、1998年4月から始めた歩き遍路区切り打ちの日記を公開しておられましたが、8回目の1999年11月にめでたく結願、高野山奥の院詣りまでの記録が掲載されました。

    体重が80キロ近くあるという服部さんは、荷物は当初は10キロあり、マメ対策には苦労されたとのことですが、荷物を減らしたり1日の行程を短くしたりして快適に歩くノウハウを習得されたようです。

    歩き遍路の場合、88か所だけを最短コースで回ると1200キロぐらいですが、服部さんは、途中寄り道をしたり、海を見るために大回りのコースをとったりして、歩いた距離は合計1514キロになっています。


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。