掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [99.11.13]
旅雑誌「歩きたい!」で遍路特集
by くしまひろし

    「大人が楽しむ"歩く旅"マガジン」と副題のついた「歩きたい! Vol.2」(徳間書店、1999年11月20日発行)では、「四国八十八ヶ所巡り」というp.45から6ページにわたる記事で、歩き遍路を紹介しています。

    1997年4月,6月と翌年4月,5月に旅を続けて出会いを求めた綾野真さんの写真と文で、現代の歩き遍路の姿が具体的に解説されています。この2年間に著者が出会った外国人3名を含む十数名の遍路たちのが写真入りで紹介されています。

    冒頭には、『よみがえる旅』の著者である榎本三知子さんがミニカートを引きながら4度目の歩き遍路をされている様子が掲載されています。さらに、OLの二人連れの区切り打ち、29生涯遍路の「オババ」、米国製MTBで疾走する75歳、跡取り息子の人生修行など、実に様々な遍路たち。動機や歩き方だけでなく、服装、装備、靴などスタイルも実に各人各様であることがよく分かります。

    本書では、このほかp.60の「てくてくフォーラム」に、遍路ホームページの老舗ともいうべき「道の風景」や「週刊へんろ」の主宰者、松坂義晃さんも紹介されています。


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。