掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [99.7.10]
喜代吉榮徳さん、25年前の遍路体験記
by くしまひろし

    新居浜市の東田(とうだ)大師堂の住職で、遍路石の研究で著名な喜代吉榮徳さんが、自ら講師をつとめる新居浜生涯学習大学の遍路関連講座に関連して「独行庵 遍路学事始め」というホームページを開設されました。

    講座関連資料に加えて、ご自身が20代半ばに体験された昭和49年(1974年)5月からの徒歩遍路の記録『辺路独行』が掲載されています(1999年7月10日現在、55番南光坊まで掲載)。インターネット上で読める遍路記録としては最も古いものではないでしょうか。現代の遍路事情との違いも興味深いものがあります。


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。