掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [99.5.16]
山陽新聞「四国霊場四季暦」記者の歩き遍路連載中
by くしまひろし

    山陽新聞夕刊に、記者の歩き遍路体験記が連載されており、同じ内容が同社のホームページにも掲載中です。

    執筆は解説委員室の横田賢一さんで、3月末からの区切り打ちの模様が、一部写真入りで収録されています。1回目は3月29日〜4月5日に徳島県内を薬王寺まで歩いたものが、4月13日〜28日の夕刊に、そして、続く4月27日からの第2回目、薬王寺から高知市内までの記事が5月10日の夕刊から順次掲載中です。

    第1回では、靴擦れに苦しむ模様が痛々しく、最後はトレッキングシューズを草履に履き替えて何とか目的地に到達しています。

    何しろ、プロの文章なので無駄がなく、遍路の周辺の風景や、出会った人々に対するインタビューの内容が分かりやすくまとめられていて、歩き遍路ファンにとってはうれしい特集記事です。岡山から遠く離れた場所にいて、ホームページで、しかも無料でその内容を読むことができるのは、大変ありがたいことです。


      山陽新聞ホームページ
      http://www.sanyo.oni.co.jp/
      四国霊場四季暦 (へんろみち きせつのかたらい)
      (表紙左側の「連載・特集」から入る)

新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。