掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [98.11.15]
重井芳治さんのバスツアー遍路
by くしまひろし

    70代の重井芳治さんが、1997年6月から1998年4月までかけて八十八ヵ所を回られた区切り打ちの記録が掲載されています。

    重井さんは、40歳のときから間接リウマチで12年間、杖の生活でしたが、手術によってなんとか正常に歩けるようになったとのことです。ホームページの「楽しいです有り難いです」には、東京近辺の古刹散策を通して自分の足で歩ける幸せがあふれています。

    ただ、杖がいらなくなったとは言え、さすがに歩き遍路は無理のようで、今回の遍路はバスツアーやマイカーを利用した旅です。


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。