掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [98.08.08]
藤恒教授「四国遍路の小さな体験」
by くしまひろし

    広島県在住で、福山平成大学の教授を務める藤田恒夫さん(昭和8年生まれ)の「藤恒教授の日曜講座」に、第23講「四国遍路の小さな体験」と題して、3月末から8日間で徳島県内の歩き遍路をされた感想が掲載されています。

    短い文章の中に、金剛杖の杖のこととかお接待のことなど、歩き遍路としては非常に共感を覚えるエピソードが語られています。

    なお、この「藤恒教授の日曜講座」の各講義は、3カ月程度で削除されるということです。この「四国遍路の小さな体験」は4月19日付けで、現在掲載中の講義の中では一番古いものになっていますので、近いうちに削除されると思われます。今のうちに読んでおきましょう。

    (注)同氏のページは再編成されました。遍路トピックス(98.10.03)参照。


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。