掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [98.06.22]
「女3人お遍路日記」ついに完結
by くしまひろし

    「ファルーカのホームページ」に連載されていた「女3人お遍路日記」がついに完結しました。

    ファルーカさんの妹さんの森春美さんは、1991年11月から7年間、12回にわたる区切り打ちの末、昨年10月に結願されました。タイトルにあるように、初めは女3人で始めたお遍路も、結願時は春美さんの一人歩き。7年間の間には、ご自身と娘さんの結婚、孫の誕生、阪神大震災、そして娘の離婚…と、人生は変転していきます。

    春美さんは、遍路日記が月刊『へんろ』(伊予鉄観光開発)に掲載されたり、今年3月のNHK教育TV『おしゃれ工房』にも登場するなど人気ものです。

    「女3人お遍路日記」の最終回では、1番霊山寺へのお礼参りの途中に、8番熊谷寺ちかくのたみや旅館に泊まり、奥さんに杖を洗ってもらい、宿帳を書くという場面が出てきます。僕は、最初の区切り打ちのとき、同じくたみや旅館に泊まって同じ体験をしたので懐かしくなりました。


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。