掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [2006.3.4]
NPOいきいきみはら会が簡易旅館「清水川荘」を開設
by くしまひろし

    高知県幡多郡三原村のNPO「いきいきみはら会」では、2002年より簡易宿泊施設を設けて、歩き遍路などに供してきましたが、新たに三原村宮ノ川(通称:清水川)に「簡易旅館・清水川荘」を開設します。

    この施設は、農林業の体験や観光を通じた都市部の方々との交流や、お遍路さんの宿泊施設としての活用を目的としています。全5室のうち、2室(4畳半個室)を一泊2食付4,500円で遍路用として運用し、利益の一部は高齢者支援に充当する計画です。2006年3月よりテスト宿泊を開始し、4月より本格オープンの予定です。

    38番金剛福寺から39番延光寺に三原村経由で向かうコースは、次の3コースがあります。

    • 土佐清水市下ノ加江まだ打戻り、真念庵をお参りし、成山を通って三原村へ
    • 土佐清水市下ノ加江まだ打戻り、県道21号を通って三原村へ
    • 土佐清水市益野、今の山峠を越えて三原村へ

    清水川荘は、これらのコースが合流する「ふれあいの里」近くに位置します。近くには、県道21号沿いに「お遍路休憩所15号」も併設しています。

    なお、従来の「民宿みはら会」(三原村芳井69-1)は徐々に廃止するとのことです。

    名称簡易旅館「清水川荘」
    所在地787-0811 高知県幡多郡三原村宮ノ川1562
    電話0880-46-3873 (090-4334-0661)
    責任者増井三郎

    関連記事


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。