掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [2006.2.4]
愛媛大学法文学部開放講座『四国遍路と世界の巡礼』
by くしまひろし

    四国中央市・川之江文化センターで、2006年3月4日より土曜日3回にわたり、「なぜいつから白装束か」などのテーマについて、愛媛大学法文学部開放講座『四国遍路と世界の巡礼』が開催されます。

    開催概要

    • 日時:2006年3月4日(土)・11日(土)・18日(土) 13時〜16時
    • 会場:四国中央市 川之江文化センター 3階講義室
    • 内容
      3月4日(土)四国遍路の成立について(法文学部・寺内浩教授)
      古代ギリシャのエピダウロス巡礼(法文学部・山川廣司教授)
      3月11日(土)中世の寺社参詣と地域権力(教育学部・川岡勉教授)
      「四国遍路」以前―「へち」という言葉をめぐって―(法文学部・西耕生助教授)
      3月18日(土)なぜいつから白装束か −遍路と巡礼の図像画−(法文学部・内田九州男教授)
      ・モンゴル時代の旅行とチベット巡礼(教育学部・矢澤知行助教授)
    • 申込みおよび問合せ…四国中央市 川之江文化センター (電話:0896-28-6236)

    関連サイト


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。