掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [2005.10.21][2005.11.19] UP
鴨島町の佐野辰夫さん、78歳の写真展
by くしまひろし

    2005.11.19 追記
    徳島市の宮本光夫さんより、展示会の写真と佐野辰夫さんからのメッセージが届きました。

    佐野辰夫さん
    佐野辰夫さん
    会場入口
    会場入口
    会場内
    会場内

    佐野辰夫さんからのメッセージ

    十番切幡寺から十一番藤井寺の近くで育ち、お遍路さんの姿と景色は私の写真の原点です。47歳の時脳梗塞で倒れ、カメラと一緒のリハビリでした。いつも御大師様のお姿と感じながら写させていただきました。

    感謝しながらお接待の写真をお送りしましたが、多くのみなさんから、お便りをいただき、出会いがうれしくお遍路さんから、健康をいただいています。

    今日も、兵庫県からわざわざ見に来ていただいて、感動しました。横浜の方からも、お花をお送りいただいたり、ホームページをみましたと声をかけていただいたり、感謝の気持ちでいっぱいです。

    ありがとうございました。


    吉野川市鴨島町の遍路道沿いに住むアマチュアカメラマン・佐野辰夫さん(78歳)が、「徒遍路 阿波路をゆく」と題した写真展を開きます。

    佐野さんは、吉野川にかかる潜水橋「川島橋」のたもとで、10番切幡寺から11番藤井寺に向かうお遍路さんを待ち構え、橋を渡り終えたお遍路さんに住所を聞いて無料で写真を送るというお接待を続けてきました。

    3年ほど前に病に倒れたものの、病気を乗り越えられたのは、趣味の写真を通じたお遍路さんとの触れ合いのおかげ」とのことで、これまでに撮影したお遍路さんの写真を集めて展示することになったものです。

    徒遍路 阿波路をゆく 佐野辰夫写真展
    日時2005年11月16日(水)〜18日(金)
    10:00〜18:00 (最終日は17:30まで)
    会場シビックセンター 5階ギャラリー
    後援徳島新聞社、四国放送、NHK徳島放送局、徳島県美術家協会、吉野川市文化協会
    問合せ吉野川市鴨島町西麻植字田渕 佐野辰夫さん
    TEL: 0883-24-0144

    (情報提供: 佐野辰夫さん)

    会場の徳島市・シビックセンターは、徳島駅前にありそごう徳島店に隣接しています。会期中に17番井戸寺から18番恩山寺へ東回り(市街地ルート)を通る方は、時間が許せばちょっと寄り道してみたらいかがてしょうか。


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。