掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [2005.10.1]
松山大学など、歩き遍路の体験学習
by くしまひろし

    松山大学人文学部・経済学部(愛媛県松山市)では、2005年度より、<四国遍路について学び,実際に歩き遍路を行う「達成体験学習−−歩き遍路」>という科目を開講しています。10月には学生20名と教員2名が、下記の日程で近隣の札所を5〜6人のグループ単位で歩き遍路することになっています。

    「短い区間ではありますが、学生たちが、四国が世界に誇れる遍路文化を体験するとともに、何かを見つけ,何かを得てくれれば、と願っております。見かけましたら、お声をかけていただければ幸いです」とのことです。

    10月1日(土) 松山大学出発(8:00)−祝谷−鴨川−太山寺(昼頃)−鴨川−御幸−松山大学(17:00頃)
    10月8日(土) 松山大学出発(8:30)−(バス)−久万高原町バス停(9:30)−大宝寺(9:50)−古岩屋荘(12:50,昼食)−岩屋寺(14:50)−(山越え)−八丁坂下(16:50)−久万高原ふるさと旅行村(17:40)
    10月9日(日) ふるさと旅行村出発(7:00)−仰西(9:30)−三坂峠(11:30)−坂本屋(12:15,昼食)−浄瑠璃寺(14:30)−長珍屋(15:10)
    10月10日(月) 長珍屋出発(7:00)−八坂寺(7:20)−杖の渕(9:30)−西林寺(9:50)−浄土寺(11:40)−繁多寺(13:00,昼食)−石手寺(15:20)−松山大学(16:40)

    出発時刻以外は,すべておおよその到着時刻です。

    問い合わせ先

    • 松山大学人文学部社会学科教授 国崎敬一様
      kunisaki@cc.matsuyama-u.ac.jp, 089-925-7111(内線258)

    このような歩き遍路体験実習は、今治明徳短期大学が数年前から実施しています。今年の実習に先達として参加した山下正樹さんによると、9月11日から26日まで総勢21名が、37番岩本寺から38番金剛福寺、月山神社・大月へんろみちを経て39番延光寺までの150キロを5日間かけて踏破、各地での温かい「お接待」に励まされながら、全員無事に歩き終えたとのことです。

    また、鳴門教育大学でも、今年からこうした講座を開講し、大学院生や徳島県内の小学生ら40人が9月30日から3日間で1番霊山寺〜12番焼山寺までを歩いているなど、遍路体験を教育に取り入れる取り組みは広がりを見せています。


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。