掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [2005.4.2]
愛媛県歴史文化博物館で四国遍路展「歩いた描いた記録した」
by くしまひろし

    愛媛県歴史文化博物館では、2005年4月23日(土)から6月6日(月)までテーマ展「四国遍路 歩いた描いた記録した 〜お遍路さんと共に四国を廻った品々〜」を開催します。

    同館では、1994年の開館以来、四国遍路関係資料の収集を進めており、常設展示の一部にも展示がなされています。今回は四国遍路を「歩いた」「描いた」「記録した」という観点から、お遍路さんが遍路の際に携えた絵図、納経帳や、札所を描いた絵図などを展示します。

    テーマ展「四国遍路 歩いた描いた記録した 〜お遍路さんと共に四国を廻った品々〜」
    開館時間9時〜17時
    (ただし、展示室への入室は16時30分まで)
    休館日毎週月曜日
    (ただし、5月2日(月)、6月6日(月)は開館、5月6日(金)は休館)
    会場愛媛県歴史文化博物館 企画展示室
    〒797-8511 愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
    TEL: 0894-62-6222 FAX: 0894-62-6161
    観覧料常設展示観覧料(大人500円)が必要です。
    65歳以上、小中学生などは無料

    また、会期中の5月15日(日)には、関連講座も行われます。

    関連講座

      2005年5月15日(日) 13時30分〜15時30分
      「四国遍路展のみどころ(展示解説付)」
      講師: 宮瀬温子(当館主任学芸員)
      聴講は無料ですが、事前申込みが必要です。

    同館は、43番明石寺近くの高台にあります。僕は1巡目の途上で、明石寺に行くつもりが道を間違えてここに着いてしまったことがあります。巡拝のついでに立ち寄っててみてもいいのではないでしょうか。

    関連サイト


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。