掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [2005.2.19]
「休憩に利用を」…地域交流センター プラザじょうへん
by くしまひろし

    40番観自在寺の手前約2km付近の、城辺商店街の中心地に、住民の交流促進とボランティア活動の拠点となることを目的とした「地域交流センター プラザじょうへん」があります。同プラザでは、遍路中の休憩場所としても自由に活用して欲しいと呼びかけています。

    同施設は、2004年(平成16年)8月、愛媛県南宇和郡愛南町城辺(旧城辺町)の商店街の中心地に、約230uの空き店舗を改造してオープンしたもので、町内のボランティアグループ八団体で構成する「愛南町ボランティア連絡会」(高橋和枝会長)が管理運営しています。

    オープンしているのは、日・月・火・金曜の11時から4時ですが、その他ほとんどの日にも5時頃まで開けているとのことです。インターネット接続ができるパソコン、新聞、お茶、バリアフリー設計されたトイレなどを備えており、飲食や休憩、地元の方との交流に活用して欲しいとしています。

    場所は、40番観自在寺の手前約2km、城辺商店街の中心地、バス道路に面し、伊予銀行城辺支店の向かいです。へんろみち保存協力会『四国遍路ひとり歩き同行二人』(第6版)では、(p.50)地図番号041のAゾーンに入ってしばらくの地点です。

    関連サイト


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。