掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [2004.1.11]
種崎・長浜の渡船が運休
by くしまひろし

    32番禅師峰寺から33番雪蹊寺の間にある浦戸湾の県営渡船が、エンジン取替のため20日にわたり運休となります。

    • 運休期間 2004年(平成16年)1月24日(土)始発便より2月12日(水)最終便まで

    通勤時間帯には代替バスが運行されます。

    この渡船は古くからへんろ道の一部とされ、県道の一部として無料で運航されてきました。迂回路となる浦戸大橋が無料化された2002年(平成14年)7月12日から車両の乗船を制限するとともに、一隻体制となったため、今後もこうした修理に伴う運休が予想されます。昨年夏にも、船舶検査のため2週間以上にわたって運休がありました。

    なお、浦戸大橋には歩道がありますの、交通機関を利用せずに対岸に渡ることもできます。中央部はかなり高いので、風で金剛杖や菅笠を飛ばされないように注意したほうがいいでしょう。

    関連サイト


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。