掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [2003.8.29]
品切の遍路関係書籍が電子本で登場
by くしまひろし

    遍路関係の出版物は、一部のタイトルを除くと読者も限られているせいか、初版が品切れになると入手できないことが多々あります。最近、絶版になった書籍を電子本やオンデマンド出版で復活させようという動きが進んでおり、遍路関係の書籍でも電子本として復刊されるものが出てきました。

    現在「ウェブの書斎」では下記の書籍が数百円で購入できます。紙の本ではなく、データを自分のパソコンにダウンロードして画面上で読むもので、あらかじめ、閲覧用のソフトをインストールしておく必要があります。

    • 小林淳宏『定年からは同行二人 〜四国歩き遍路に何を見た』(PHP研究所)
    • 高群逸枝『お遍路』(中央公論新社)

    関連サイト


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。