掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [2003.5.10]
ひきこもりの若者向け「Slow Walk Shikoku 88」
by くしまひろし

    終了しました

    千葉県浦安市のNPO法人「ニュースタート事務局」が、ひきこもりの若者たちを再出発させることを目指して、遍路道をゆっくり歩く「Slow Walk Shikoku 88」を実施します。

    期間は2003年9月5日から11月7日までで、八十八ヵ所を巡拝後、高野山に参拝します。対象は「ひきこもっている若者」で定員15名(12歳以上)となっています。スタッフ8名と支援キャンピングカーが随行し、協力民家のほか、宿坊や善根宿に泊まりながら、数人のグループ毎のペースで進みます。参加費は35万円。7月31日締め切りです。

    参加者募集説明会が5月下旬に東京・大阪・香川で予定されています(要予約)。

      東京5月23日(金) 18:30〜20:30
      労働スクエア東京(東京・八丁堀)
      大阪5月24日(土) 14:00〜16:00
      大阪厚生年金会館(大阪・四ツ橋)
      香川5月25日(日) 14:00〜16:00
      善通寺市総合会館(香川・善通寺)

    事務局によると、今年1月に新聞で報道されたり、5月にNHKラジオで紹介されたりして反響が大きく、申し込みも盛況で、万一定員をオーバーした場合には追加の企画を検討するとのことです。

    あわせて、お手伝い参加(スタッフ)や一時参加(ボランティア)の希望者も募集しています。

    主催者のNPO法人ニュースタート事務局は、1994年に不登校や引きこもりなどの若者をイタリアへ送った「ニュースタート・プロジェクト」が起点となっています。「Slow Walk Shikoku 88」は、活動開始10周年記念事業として企画されたもので、毎年の恒例行事に育てていきたいとしています。

    (情報提供: 森春美さんほか)

    関連サイト


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。