掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [2003.03.06][2003.04.18]UP
京都で4月5日にシンポジウム「平成遍路 歩けば自分が見える」
by くしまひろし

    2003年4月5日(土)、京都市内で読売新聞大阪本社主催のシンポジウム「平成遍路 歩けば自分が見える」が開催されます。2002年3月の高松、11月の大阪に続く3回目の開催で、入場無料です。

      ■日時: 2003年4月5日(土)午後1時半から4時半
      ■会場: 京都市左京区岡崎、京都会館第2ホール

    第一部は、俳人・黒田杏子(ももこ)さんの講演「遍路吟行 花に逢う、人に逢う」、第二部は三味線奏者・月岡祐紀子さんらによる「遍路組曲」演奏、第三部はフリーライター・佐藤孝子さんの司会で、脚本家・早坂暁さん、黒田杏子さん、「掬水へんろ館」開設者・串間洋によるパネルトーク「歩けば自分が見える」となっています。

    参加申し込み

      氏名、年齢、職業、住所、電話番号を明記、はがき、FAX、メールのいずれかで。複数申し込みの場合は、代表者に○印を記入。締め切りは3月24日必着。定員900名で、応募者多数の場合は抽選となります。当選者には招待状をお送りします。

    • 531-0076 大阪市北区大淀中1-11-6
      ユタカエンタープライズ内 読売新聞「平成遍路」係
    • FAX 06-6452-1645
    • メール heisei@henro-sympo.com

      問い合わせは、075-257-3945(土日、祝日は除く、午前10時〜午後5時)

    (情報提供: 読売新聞大阪本社)

    2003.4.18 追記
    シンポジウムの内容が下記のサイトに掲載されました。

    関連サイト

    関連記事


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。