掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [2002.11.04]
月岡祐紀子さんの『遍路組曲』CD発売
by くしまひろし

    三味線奏者・月岡祐紀子さんの『遍路組曲』CDが発売されます。

    月岡さんは、1999年と2000年の春、三味線の演奏を奉納しながら四国遍路を2度にわたって歩きました。最後の瞽女といわれる新潟県の小林ハルさんの演奏を聞いたことがきっかけで瞽女三味線の継承を志したためです。

    月岡さんはこの歩き遍路の体験をふまえて『平成娘巡礼記』を著したほか、遍路組曲三部作を作曲し、都内で報告会を開いたり、各地でコンサートを行うなどの活動を続けてきました。その作品がいよいよCDとして東芝EMIから発売されることになったものです。

    月岡さんは、次のように語っています。


    遍路組曲のCDを出すことは、2年越しの願いですし、この曲は私にとって非常に大きな意味を持つ曲です。ご協力下さったたくさんの方々のこと、これまでの事を思うと胸がいっぱいになります。演奏も他の奏者の方々のパワーもあり、とってもよい出来です。ぜひお手にとって聴いて頂けますよう、お願い致します。また、もし遍路をされるときに口ずさんでもらえたらすごくすごく嬉しいです。

    なお、このCDは、残念ながら今のところ店頭販売の予定はなく、直接販売または演奏会場などでの販売となるとのことです。2002年11月13日に大阪で開催のシンポジウム「平成遍路 歩けば自分が見えてくる」の会場で初めて販売される予定です。

    購入方法は月岡祐紀子『遍路組曲』のページをご参照ください。

    関連記事


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。