掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [2002.2.3]
3月9日、高松でお遍路シンポジウム
by くしまひろし

    2002年3月9日(土)午後、高松市内で「四国遍路 歩けば自分が見える」と題したシンポジウムが開催されます。脚本家早坂暁さんによる講演「平成の哲学遍路」、月岡祐紀子さんの「遍路組曲」演奏のほか、映画監督崔洋一さんが加わり、佐藤孝子さん司会でパネルトーク「歩けば自分が見える、人が見える」が行われます。

    月岡祐紀子さんは、1999年と2000年の春、三味線の演奏を奉納しながら四国遍路を2度にわたって歩き、その体験を踏まえて「遍路組曲」を創作しました。

    崔洋一さんは、NHK「四国八十八ヵ所」で、59番国分寺から62番宝寿寺のレポーターを務めました。

    佐藤孝子さんは、これまでに遍路関係の著書を3冊書いています。(『四国お遍路ガイドブック』『情け嬉しやお遍路ワールド 歩いて歩いて四国の風になった』『お遍路に咲く花 通る風 -お元気おばさん お四国を歩く』)

    開催概要

      日時
      2002年3月9日(土)午後1時30分から同4時40分
      場所
      高松市番町2の2の2、高松商工会議所大ホール
      募集
      500人 (応募者多数の場合は抽選)
      主催
      読売新聞大阪本社
      後援
      香川県、高松市、総本山善通寺、四国八十八ヶ所霊場会、西日本放送
      協賛
      富士産業(株)

新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。