掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [2002.1.26]
「おじさんは歩くのだ」リアルタイム遍路
by くしまひろし

    談話室に「おじさんは歩くのだ!」というお名前で登場されている松本市在住の「バックパッカー田中」さんが、リアルタイム遍路に出発しました。ホームページに掲載されている行程表によれば、2002年1月26日に1番霊山寺を出発、2月20日に88番大窪寺に到達の予定です。1日平均40キロ以上歩くというハードスケジュールです。

    「50歳を目前に歩くことに目覚めた」という田中さん(現在52歳)は、これまでにも松本から竜飛崎、下関などに冬の歩き旅を敢行。野宿で買い食いなしという方針のようで、今回もあらかじめアルファ米やラスクといった行動食を準備して出発しました。装備は25キロ近く、また毎日4時〜5時ごろ行動開始とのことです。

    エッギー(カメラつきのモバイル端末)などを持参して、旅の実況中継をホームページに掲載しています。また、PHSの「いまどこサービス」を用いて、現在地の住所や地図も表示されるようになっています。

    談話室の書き込みによれば、「ユージ」さんも1月30日からの歩き遍路で携帯電話から掲示板に遍路日記を残していく予定とのことです。


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。