掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [2001.6.30]
読売新聞関西発の「平成お遍路」
by くしまひろし

    読売新聞の「関西発」ホームページに1年ほど前から「平成お遍路」という記事が連載されています。四国4県の各支局の支社が、札所で出会った歩き遍路を取材して、写真とともに記事にしているもので、様々な背景を背負って歩き続ける人々のそれぞれの人生が鋭く切り取られて表現されています。2001年6月26日付けの最新記事では、サッシ職人を引退して遍路に出た61歳の男性とその娘さんを取り上げています。

    ほぼ1週間おきに、4県の札所を紹介しており、1支局にすれば月に1件ということになりますが、1日ぐらい札所で待ち構えるだけでは、これだけ多彩な人生は捕捉できないでしょう。それぞれが深さを感じる物語になっており、一人の遍路日記を読むのとはまた違って、遍路の実相の奥深さ・幅広さが味わえる連載です。

    この連載については「談話室」では昨年8月に右延さんからも紹介がありました。このほど、読売新聞社から、該当ページへの直接リンクの許諾を得ましたので、 「遍路トピックス」でも紹介することにしました。


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。