掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [2001.6.10]
区切り打ちの竹中由起子さん、感動の結願
by くしまひろし

    1998年4月から区切り打ちを続けてこられた竹中由起子さんの6回目の区切り打ち、結願の旅の日記が公開されました。2001年2月28日から3月5日まで、電車の乗り間違いや宿の確保などつまづきながらのスタートですが、今回も色々なタイプのお遍路さんとの出会いに満ちて、充実した旅になったようです。

    竹中さんは前回(第5回)の日記を

    次の四国行きは「結願への歩み」である。T氏の「雪の中を歩いた」というその道を私も歩きたい。2月か3月か、瞼の奥に雪景色がちらついてる。

    と結んでいましたが、今回の旅ではその気持ち通りの感動の結願を迎えることができたようです。そして、結願の旅の結びには「また行こう。」とあります。

    関連記事 [2000.6.11] 竹中由起子さん区切り打ち第4部、嬉しい、楽しい、お遍路の7日間


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。