掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [2001.5.27]
エルダー通信 第5回「春の四万十・足摺岬の旅」
by くしまひろし

    エルダー通信、1999年8月から始めた区切り打ちの5回目は、2001年3月下旬、土佐・多ノ郷から足摺岬を回って39番延光寺近くの平田駅まで6日間の行程です。

    3月24日、38番金剛福寺の宿坊に体を休めたそのとき、芸予地震に宿坊も大きく揺れますが、事なきを得たようです。

    僕の1巡目の行程に準じてコースや宿を選ばれたとのことで、途中雨に会いながらも、おおむね順調に歩みを進めています。遍路道を歩いていて「お大師様の足跡」を実感したり、ちょうど開花期にあたった桜に眺め入ったりの旅ですが、これまで4回に比べると出会いが少ない感じです。3月は遍路シーズンですが、同じ季節でも歩きへんろの数に波があるようです。僕の妻も3月の同じころ愛媛を歩いていてほとんど遍路とは出会わなかったのですが、ほんの1〜2日だけ前後を歩いて方はたくさんおられたようで、ちょっとした日程の差で出会いの数が大きく違ってしまうのでしょう。

    関連記事 [2000.10.15] エルダー通信 第4回「父娘二人 土佐を歩くの旅」


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。