掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [2001.1.20]
年末年始の一般紙、遍路関係の記事が相次ぐ
by くしまひろし

    年末年始の一般紙に、遍路関係の記事が相次いで掲載されました。

    朝日新聞では12月31日に、新世紀に向けた特集「再生 人間の世紀へ」というシリーズのプロローグの中で、歩き遍路中の奈良県の根来健夫さんや大阪府の竹内誠さんが紹介されました。このお二人は「掬水へんろ館」の談話室を通じて取材にご協力下さったものです。

    毎日新聞では、「母 新しい世紀を生きるために」というシリーズ、第6回(1月8日)で、インターネット上に「天国への手紙」という掲示板を開いている谷嘉子さんをとりあげています。母親を亡くした直後母の遺影を掲げて四国を歩いたということです。

    東京新聞には、12月30日にまた僕の記事が載りました。

    以前からの連載でホームページで読める記事もあります。朝日新聞ホームページの愛媛版や高知版では、三味線奏者・月岡祐紀子さんの「平成娘巡礼記」の連載が続いています。また、読売新聞ホームページの関西版では、2000年5月から「平成お遍路」と題して、各札所で出会った様々な遍路たちが紹介されています。一人一人の人生が重く感じられる特集です。



新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。