掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [2000.8.26]
三年前僕は遍路だった…Nakayamaさんの野宿旅「風の足跡」
by くしまひろし

    金沢市のTakahiro Nakayamaさんの「風の足跡」は、「三年前僕は遍路だった」という印象的な文で始まる歩き遍路の記録です。豊富なスナップ写真と簡潔なコメントで、39日間の旅が語られています。

    早朝から暗くなるまで歩く強行軍ですが、野宿中心で、バス停小屋で泊まったり、地元の方のお宅に泊めて頂いたり、タコ釣りに連れて行ってもらったりします。

    また、八十八カ所札所には含まれていませんが、悪天候のなかで寄り道した四国最高峰の石鎚山登山の霧氷に飾られた光景は、一見の価値があります。



新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。