掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [2000.8.19]
「靴のマギー」社長夫婦のユニーク遍路
by くしまひろし

    埼玉県羽生市の靴店「靴のマギー」では、社長夫妻が2000年5月1日から6月20日まで歩き遍路をされ、体験談を店のホームページに掲載しています。さらに、同店オリジナルのへんろ用シューズもホームページ上で販売しています。同社のホームページについては、既に2000年7月30日に「リンク集」に掲載しましたが、このほど、新たに社長通信ダイジェストとして「へんろに行ってみたいと相談に来た人への手紙」が掲載されました。

    それによると、ご夫妻の歩き遍路は、宿は一緒だが朝、宿を出ると分かれて行動するという「準ひとり歩き」スタイルです。「夫婦で数十日間をともにする」生活と、それぞれが「ひとり歩き」を体験できるといううまい方法と言えます。また、奥様の体力を考慮して、夫が歩き、妻が自転車という「複合遍路」でもあります。山道で自転車を押して登る妻に追いつくと、歩きと自転車を交替するというのも巧妙なアイデアで感心させられます。

    同社では、来年は部長、再来年は店長が(社長命により?)歩き遍路に出ることになっているようです。



新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。