掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [2000.5.14]
喫茶シャポー3代目「きゅうの四国八十八ヶ所巡り」
by くしまひろし

    神奈川県平塚市の喫茶店「シャポー」の3代目、原久一郎さん(25歳)が、2000年5月1日から歩き遍路中で、毎日の日記を同店のホームページに掲載しています。

    高知に入って、室戸岬への単調な海岸線と29.9度の暑さに苦しみながらも、5月13日現在、30番善楽寺付近まで到達しています。日記は随時送られて来ており、「最新の日記」と「過去の日記」に分けて掲載されています。手品がご趣味のようで、行く先々で得意技を披露しながらの旅です。旅程は、6月半ばまで、1ヶ月半の予定です。

    お父さまである2代目原栄起さんも3月にご夫婦で歩かれたとのことです。「過去の日記」を見ると、留守宅で「今日は何番まで回った」などの知らせを受けながら無事を祈る様子、またちょうど結婚記念日に結願されたことをともに喜ぶ様子がよく分かります。


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。