掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館遍路トピックス [2000.4.9]
早稲田大学で講演「四国お遍路八十八ヵ所の社会学的ガイド」
by くしまひろし

    早稲田大学文学部の坂田正顕教授が、「四国お遍路八十八ヵ所の社会学的ガイド」と題して講演されます。「生活の質」土曜講座「定年のライフスタイル」の183回として開催されるものです。

    日時2000年4月15日(土) 午後1時〜
    場所早稲田大学西早稲田キャンパス (東京都新宿区西早稲田1)
    総合学術情報センター 国際会議場第1会議室
    内容浜口晴彦・人間科学部教授「定年と老後生活」
    坂田正顕・文学部教授「四国お遍路八十八ヵ所の社会学的ガイド」
    主催人間総合研究センター、流動化社会と生活の質プロジェクト
    後援毎日新聞社、新宿区教育委員会
    協賛早稲田大学周辺商店連合会
    問合せ03-3203-4141 内線76-3551 浜口研究室
    その他入場無料。ただし資料代100円

    (出典: 毎日新聞2000.4.8夕刊)

    坂田教授は、社会学の観点から四国遍路道に関する研究に取り組み、研究成果をCD-ROMやホームページの形で公表している早稲田大学道空間研究会のメンバーです。

2000.4.16


新着情報のメール配信申込みは 「掬水へんろ館ニュース」で受付中。