掬水へんろ館談話室メール
掬水へんろ館メールボックスから

大阪府茨木市の久岡恒則さんからのメールです。

なんとなく遍路という言葉に引かれ、たまたま目にした掬水へんろ館を見て、『四国遍路のはじめ方』を読み、『四国遍路ひとり歩き同行二人』を手に入れ、遍路を始めてしまったとのことです。2004年8月から区切り打ちで歩いておられます。同年12月と2005年1月の区切り打ちの模様をお便りくださいました。

2005.01.18 久岡恒則さんからのメール

関西に住んでいるので四国は近く、週末にお遍路に通っています。 第1回が去年の8月28日、29日、10番まで、第2回が9月18日から9月20日16番まで、第3回が12月3日から12月5日22番まで、今回1月15日、16日に23番に行ってきました。今回は忘れないうちにと書き付けてみました。これまでの旅でいくつか不思議に感じたこともあるので、これまでの分もいつか書いておきたいと思っています。

1月15日(土)

朝7時大阪発徳島行きのJRバスに乗るつもりだったが、寝過ごしてしまい、結局8時ごろ最寄のJR茨木駅緑の窓口で大阪駅前9時発のバスの切符を購入した。時間は十分あるので茨木駅構内の喫茶店でモーニングセットの朝食をとり、9時15分前に大阪駅前のバス乗り場に到着した。いつものようにバスの中で旅程を考える。ただし時刻表も何もなしにお遍路ガイド(同行2人)だけを頼りの計画であるのではなはだ杜撰なものである。前回阿波福井駅から引き返したので、阿波福井から歩くことになるが、薬王寺まで約16KM、午後1時から歩き出すとして4時間、午後5時到着でぴったりである。計画は簡単に決まったので、後は読みかけのロバート ラドラムのミステリーを読んで過ごした。
弟が貸してくれた本だが荒唐無稽に思え、もうひとつ感心しないが、読み始めてしまったのでずるずると読みつづける。

11時30分に徳島駅に到着、阿波福井行きの切符を買い、時刻表を見ると12時29分発である。後1時間もある。懐中電灯を買いたかったのでので、駅前のそごうデパートに行った。店内をぶらぶら歩いたが結局みつからなかった。その代わりというわけでもないが帽子売り場を通り過ぎたときに茨木駅の喫茶店に帽子を忘れてきたことに気づいた。ゴアテックスの防水仕様なのでおしいが仕方がない。店の人がとって置いてくれるのを祈るばかりである。
デパート前の歩道橋からあたりを見回したが電気屋さんもなく懐中電灯はあきらめる。前回大雨の真っ暗な中を手のひらサイズの小さな懐中電灯を頼りに山の中を太龍寺から龍山荘まで歩いたが、出掛けに点検したら点灯せず今回はそれすらもない。
発車15分前には駅に引き返し,売店でおにぎりとお茶を買って、すでにホームに止まっていた列車に乗った。乗客は少ない。4人がけの座席に一人で座った。
お寺に一番近いので今夜の宿と決めた、薬王寺会館に携帯電話で宿を予約した。私は携帯電話を持たないが前回不自由したので今回は妻の携帯電話を借りてきた。さすがにこういうときは便利である。夕食は6時からなのでもし遅れるときは電話してほしいとのことである。また携帯電話の番号を聞かれたがわからなかったので、妻に電話して聞いた。宿の人は私が自分の携帯電話の番号がわからないと言うと笑っていた。案外そういう人は多いのかもしれない。

おにぎりを食べて後は相変わらずラドラムを読んで過ごした。電車やバスの中は本を読むのが習慣になっている。阿波福井駅には午後2時頃到着。計画より約1時間遅れである。電車のドアは手で開ける。前回阿波福井で電車(ヂーゼル車と思うが汽車というべきか。)に乗ったとき、ドアが開くのを待っていて、危うく乗り損ねそうになったことを思い出す。前回時間待ちの間色々お話した駅構内のうどんやさんはお休みであった。しばらくたつと記憶は薄れるが、現地に来ると思い出す。 改めて地図を見ると、今日はひたすら国道55号線を歩くのみである。昔の土佐街道であろうが今は昔の面影はまったくない。このようなコースは始めてである。しかし、歩道が比較的整備されていて、白線だけの歩道は少ない方であると思う。白線だけの歩道を歩いていて、車の風圧を感じるのは、少し怖い気がする。大半の車は大きくよけてくれるが、中には対向車もないのに近くをとおる車がいて不愉快である。車を運転していてこのようなことは考えたこともなかった。車の騒音というのは相当なものである。こんなにうるさいとは思わなかった。トラックは別として乗用車の場合、騒音の大半は、タイヤノイズでありエンジン音はほとんどしない。タイヤメーカーの技術者たちはタイヤ騒音の低減にどれぐらいのプライオリテイをおいているのであろうか。自動車メーカーは騒音低減に相当力を入れているからタイヤメーカーもがんばってはいると思うのだが。トンネルの中の騒音などはすさまじい。
トンネルといえば日和佐トンネルでは非常にうれしい思いをした。歩行者専用の手すりのついた歩道があり、しかも歩行者用のランプが歩くにつれて点灯していき、通り過ぎると消えていく。かなり費用がかかるであろうにこのような設備を用意してくれた人に感謝である。丁寧におもてなしをされている気がする。このようなゆとりにこそ豊かさと奥ゆかしさを感じる。日本も捨てたものではないと思う。

薬王寺には5時半頃、到着した。日が完全に暮れる寸前であったが国道なので前回のような不安はまったくなかった。
今日の宿、薬王寺会館はお寺の隣であり、いかにもそれらしい建物なのですぐにわかった。部屋は10畳で新しく、天井に立派なエアコンもついており、これで5千7百円は安い。
夕食は6時からということで顔も洗わずに食堂に行った。隣はやはり大阪から来られた横山さんという若い方である。1年前に40数日かけて通しで歩いて回られたとのことであり、今回は薬王寺さんだけにお参りにこられたとのことである。食事中には他の人は見かけなかった。
食事は相変わらずおいしい。お遍路に出て宿の食事に不満をもったことは一度もない。やはり歩いているせいだろうか。
夕食後、風呂に入る。3畳ほどの湯船で立派なものである。私が1番風呂であった。部屋といい、食事といい、風呂といいまったく文句はない。
明日は朝6時からお勤めがあるとのことなので、もし起きられたら出るつもりである。何事も経験だし私は好奇心が強いほうである。途中のコンビニで買ったウイスキーのポケットびんをのみ、趣味の株式研究をやっているうちに電気をつけたままいつのまにか寝てしまった。

1月16日(日)

目が覚めると5時であった。6時5分前に受付に行くともうみなさんお勤めに行ったとのことである。本堂の場所を聞いて、急ぎ足に階段を上った。昨日は夕暗がりでよく見えなかったが立派なお寺である。本堂にはすでに10人ぐらいの人が座っており、私の後にきたのは一人だけであった。横山さんも参加されていた。お坊さんが2人で輪唱でお経を上げる。和尚さんの声がよく、音楽的な心地よいお経であった。
6時半から朝食であるが、お勤めが長引き6時35分ごろ食堂に行った。横山さんはお坊さんとお勤めのあと何か話ておられ、私が食事する間には来られなかった。部屋に戻り支度をしていると横山さんが来られチョコレートをお接待としてくださった。ありがたくいただく。私は実はお接待を受けるのはこれが始めてであり、なんとなく面映い気がする。納経をし、歩き出したのは結局7時半頃であった。
昨日より足取りが重く途中2人づれの御婦人にさっさと抜かれてしまった。杖も持たず普通のハイキングの格好であったが、お遍路さんであろうか。私も杖だけは持つものの、笠もかぶらず白装束もしていないので、人のことは言えない。
9時ごろ大きな温度計を見かけたが温度は3度となっていた。風がないので歩いているとまったく寒さは感じない。夏よりもずっと歩きやすいと思う。

四国の川はどこもきれいが牟岐川では大きな緋鯉を何匹も見た。

牟岐の手前で道端に山頭火の立派な句碑を見かけ、眺めているとおばちゃんが出てきて説明してくれる。またもう一人のおばちゃんが1枚のコピーをくれた。何でも、山頭火がお遍路でこのあたりを通りかかったとき、汚い格好をしていたのでとめてくれる宿もなかった所が、句碑の前の宿(今は廃業している)が山頭火を泊めてくれ、非常に親切にしてくれたので、山頭火が感激し、句を作りまた本にも書いとのことであった。おばちゃんは関口宏のテレビ番組でこのことを知り、他の仲間と運動してこの句碑を作ったとのことである。下記はコピーに載っていた山頭火の文章である。
「途中、すこし行乞いそいだけれど牟岐へたどり着いたのは夕方だった。よい宿が見つかってうれしかった。おじいさんは好々爺、おばあさんはしんんせつでこまめで、好きな人柄で、夜具も賄いもよかった。部屋は古びてむさくるしかったが、風呂に入れてもらったのもうれしかった。三日ぶりのつかれを流すことが出来た。」

牟岐には12時についた。11時59分徳島行きが出たばかりである。12時49分の徳島行き特急電車の切符を買い、ついでに徳島発14時30分の大阪行きバスの切符も買った。電話でバスの空席を確かめるのが珍しかった。
ラドラムは読んでしまったので、駅前の本屋で帰りに読む本を買い、その隣のコンビニでおにぎりとお茶とお土産の饅頭を買い。駅で昼食を取った。どこへ行っても客は少ないが、牟岐は特急も止まる比較的大きな駅なので私以外に乗客が3、4人いた。駅員も2人いる。
途中何事もなく、5時に大阪に帰り着いた。茨木駅の喫茶店は私の帽子を取っておいてくれていた。

大阪府茨木市
久岡恒則

2005.01.22 久岡恒則さんからのメール

第3回
平成16年12月3日(金)

前回は娘と一緒だった。今回も一応誘ったが断られた。前回は焼山寺を含む難コースで若くて強い娘にも(23歳)かなりきつかったようである。前回かなりばてばてで到着した府中(こう)駅に昼過ぎに到着、井戸寺に向かった。府中駅から井戸寺まではわずか2Kほどである。今回は、第1回および第2回のときと異なり、杖も持たず、笠もかぶらず白装束もなしである。バッグはサムソナイトのオーバーナイトを肩にかけている。まったくお遍路の格好ではない。前2回は串間さんの勧めに従い一応形を整えたのだが、何か違和感がぬぐえなかったので、今回はがらっと変えてみた。思うに串間さんの場合区切り打ちとはいえ1週間ぐらいは連続して歩かれるので、次第に心身がお遍路になじむのではなかろうか。ところが私のように週末だけの場合、どうしても日常の感覚が残り、お遍路になりきれないのではないかと思う。その証拠というわけでもないが話には聞く、お接待も受けたことがない。考えてみれば当たり前でそれらしい格好をしていたとしても、信仰にはまるで無縁の者で観光スタンプラリーに近い。ただ、歩いてお寺を回るのは結構きついのにそれに何故か惹かれる自分の気持ちも確かにある。いずれにせよお遍路にはどのようなスタイルもゆるされると聞いた。色々試してみたらいいんじゃないかということで今回のスタイルになったわけである。
井戸寺にはすぐ到着。休むほどでもないのでお参りして納経後にすぐ出発した。ご推察のとおり私のお参りは無念無想で手を合わせるだけである。いずれ般若心経を唱える日が来るのかどうか心もとない。遠くに歩き遍路さんが見える。鮎喰川をわたり地蔵越えのへんろみちを目指す。公衆電話があったので民宿ちばさんに電話して今夜の宿を確保した。私は携帯電話を持たないので、電話をするタイミングを逃すと大変である。前日予約すればよいのだが、私としては当日ある程度歩いて、次の宿の見当をつけたいという気持ちがある。これまでのところほとんど昼過ぎに電話している。
途中道路建設を記念する立派な碑があった。この道路が完成するまではずいぶん難渋したようである。道路完成時の喜びが伝わる立派な碑であった。八万南小学校を過ぎ下校の小学生と一緒に園瀬川の沈下橋を渡る。皆元気でかわいい。
道はやがて国道55号に合流した。片側2車線の大きな道路である。
途中珍しい建物をふたつ見た。一つは小松島警察署。大変スマートな建物で最初は図書館かと思った。まさか警察署とは思わなかった。もう一つはピンクに塗られ正面に列柱を持つ派手な建物でてっきりラブホテルと思ったが、ラブホテルにしてはそれほど安っぽくもない。どうも養護施設の様であった。カタカナの名前の看板は出ていたがもう一つ実態がはっきりしなかった。いづれにせよ公共的な建物である。徳島県は農村でもプレハブ住宅が多く、住宅展示場にあるような家をよく見かけた。徳島県は建物に関してはあまり保守的ではないようだ。もっとも私自身他の県を歩いたことがないので、徳島県だけの現象かどうか自信がない。案外全国的に同じことが言えるのかもしれない。そろそろあたりが暗くなり、不安を覚えだしたころやっと民宿ちばに到着した。
相客は無し。食堂で一人で晩御飯を食べた。部屋はやや狭い。前の客が愛煙家だったようでタバコのにおいがきつい。変えてもらおうかと思ったが、結局我慢した。

12月4日(土)

朝食は6時半、おいしくいただいて7時過ぎに出発した。恩山寺はすぐ近くである。立江寺を経て鶴林寺に向かう。細かな雨の中を傘を差して歩く。人影はまったくない。道に接してみかん畑が続く。食べごろの大きなみかんの実が鈴なりであった。鶴林寺の公衆電話で龍山荘さんに電話して、今夜の宿を確保した。鶴林寺から太龍寺に向かう山道ではかなり疲れゆっくり登っていった。うしろから鈴の音が聞え、やがて団体のお遍路さんに追いつかれた。道をゆずりしばらく休んだ。5,6人の方が追い抜いていかれたが皆同じ団体のようである。ほとんどが女の方である。まだ後ろにもおられるようで、先頭と後尾はかなり離れているようであった。結局この団体の真中を歩くような形になったが、団体の先頭が後尾を待つために時々止まるので、わたしも先頭からそれほど離れることなく太龍寺にはほとんど同時の到着となった。雨はだんだん強くなり、日もほとんど暮れてしまった。太龍寺から龍山荘へ出発したのは5時ごろであった。龍山荘はここから約4Kほどなので1時間足らずのはずである。出発したとき団体さんはまだ太龍寺の門の下で雨宿りしておられた。まだ全員がそろわないのであろうか。どこに泊まられるのかと少し不思議に思ったが、本格的な格好をした中年のリーダーらしき人もおり、ここからは車でも用意されているのであろうと思い返し、うらやましくなった。雨はますます激しくなり、あたりはもう真っ暗である。道路の上だけは木がないためわずかに暗さが違うので方向だけは何とかわかる。足元は手のひらサイズのミニ懐中電灯で照らしてゆく。この懐中電灯はシアトルのボーイング工場を見学したとき売店で買ったもので、いつも洗面用具入れに入れて持ち歩いていたが今回初めて役に立った。道路が2股に分かれていたのでドキッとしたが、それぞれの道をチェックすると「上り」、「下り」の表示が見えたので安心した。車用に上り、下りがそれぞれ一方通行になっているのであった。下り道を選んで歩き続けた。道路は川のようになり、防水の靴ではあるが足はずぶぬれである。林を透かして青い明かりが見えたときは、自動販売機かななどと妙なことを思った。実際についてみるとまさにその青い光は龍山荘の看板の明かりであった。到着時刻は6時過ぎであった。玄関で声を上げたが誰も出てこないので、勝手に上がり明かるいほうに行くと台所にお上さんがいた。気のよさそうな人であった。大変だったねえとねぎらわれながら、部屋に案内してもらい、着替えた。ジャンパーはオートバイ用の防水仕様なので袖口を除いて内側までは水は通ってていなかったので、タオルでふいてハンガーにつるしたが、ズボンもも靴下もぐしょぐしょでどうしようもない。とりあえずプラスチックのくずかごにぬれものを積み上げて、浴衣に着替え食事に行った。熱燗をつけてもらって2、3杯のみやっと体が温まってきた。おかみさんに2人ずれの女の人が来るはずだが見かけなかったか聞かれ、団体さんは見たが2人ずれの女の人は見なかったと答えた。おかみさんにぬれたものをどうしたかと聞かれ、とりあえずくずかごに積み上げた旨を申告した。お上さんはしょうがないねという気配で部屋に行った。
食事をすませ部屋に帰ると、一畳分にビニールがしかれバッグも含めてその上ぬれた物をに並べてあった。確かにこうするのがもっとも手っ取り早い。
ズボンもオートバイ用の防水仕様だが、皮製でジーンズに似せた物で、本当の防水ではないのでしょうがない。一応タオルでふいてハンガーにつるし、落ちる水滴をうけるために下にプラスチックくずかごをおいた。
他の物の下には、玄関のところにおいてあった古新聞紙を持ってきてしいた。読みかけの文庫本は水を吸ってどうしようもないのでくずかごに捨てた。「同行2人」と納経帖はポリ袋にくるんであったので無事である。
靴にも新聞紙を丸めて詰めておいた。これだけやって風呂に入り、帰ってきて布団に入った。
8時ごろ玄関が騒がしくなった。どうも太龍寺で分かれた団体さんのようである。ひとしきり騒がしかったがまた静かになった。ここに泊まるわけではないらしい。
しばらくしてトイレに行く途中座敷をのぞくと、女の人が2人食事中であった。よく分からないまま寝てしまった。

12月5日(日)

朝食に行くと、昨夜の若い女性2人が食事中であり、昨日の様子を聞くことが出来た。
彼女たちはガイドさんとお坊さんのついた11人の団体遍路で、岡山から来られたとのことである。
本隊は坂口屋さんに迎の車が来ており、それにのって昨夜引き上げたがお2人はさらにしばらくお遍路を続けるためこの宿を前から予約してあったそうである。
昨夜は11人の団体に懐中電灯が4つしかなく杖を前後の人が握って降りてきた。途中ガイドの人が道から滑り落ちたり、二股道をどちらで行くかで意見がわかれ、ガイドの意見を無視して遠回りの上り道をきてしまったりで、時間がかかったとのことである。また携帯は持っていたがかからなかったとの事であった。聞いて驚いた。最高齢の人は70歳を超えているとのことで、もっと悲惨な事態が発生しても不思議ではないような状況である。私が思うに責任の大部分はガイドにあると思う。雨の激しくふる真っ暗な山道を十分な明かりも持たずに高齢者を含む人たちに歩かせるなど信じられない。坂口屋さんまで迎の車が来ているなら、一行は太龍寺に待っていてもらってガイドが坂口屋まで走り、車で迎えに行けばすむではないか。明かりさえあれば雨が降っているとはいえ、下りでありガイドにとってはなんでもないと思う。二又道でガイドの意見が尊重されなかったのは、それまでにすでに信頼を失っていたものであろう。こういう状況で役に立たないようならガイドを雇う意味がまったくない。そういえば昨日の上り道でも先頭と後尾の間が空きすぎていた。あれでは後尾の人は十分に休めずかなり疲労したのではないか。彼女たちに何故団体旅行を選んだのか聞いたところ一人だと万が一のとき怖いからとのことであった。今日のような状況で何とかなったのなら、少なくとも四国お遍路であれば十分何とかなると思いますよと言ったが、実際季節と言い、雨といいこれ以上の悪コンディションは私には想像しにくい。もっとも年齢も、体力もばらばらな11人の団体を引率することはどんな人でも非常に難しいと思う。 私には到底出来そうにない。
それでもお二人は朝食後、元気に出発されていった。昼ごろには引き返すつもりの私は少し後からゆっくり出発した。靴もズボンもあまり気にならないぐらいには乾いた。雨は上がったが昨日の雨が道路のあちこちを流れており、小さい滝が道路に降り注ぎ川のようになっているところもあった。平等寺を経て阿波福井駅まで歩き、阿波福井駅から電車に乗って徳島に引き返した。電車が来るまでに間しばらく時間があったので、構内のうどんやさんでうどんを食べて昼食とした。店主はもと大阪の人で、どういうわけか政治家の話なぞで話が合い楽しく話した。お遍路中おにぎりまたはカロリーメートがわたしの普通の昼食で店で昼食を取ったのは初めてである。昼ごろ都合よく食事できる店が中々ないのでどうしてもそうなってしまう。
例によって徳島からはJR高速バスで大阪に帰った。


戻る