掬水へんろ館Q&A談話室メール
掬水へんろ館[四国遍路 Q & A]
女性の一人歩き遍路は安全?
くしまひろし

女性の一人歩き遍路は決して珍しくありません。一人歩きの体験記も多数発表されています。

書籍

ホームページ

平均的に見れば女性が比較的安全に徒歩旅行ができる地域といえそうです。しかし、団体旅行やテーマパークではありませんので、誰かが安全を保証してくれるわけではありません。それは、単独行動の旅行でもハイキングや登山でも同じことです。悪天候や事故や犯罪に巻き込まれることも、体調をくずすことも可能性としてはあります。残念なことですが、女性の一人歩きということに関連した不心得者によるトラブルや犯罪も皆無とは言えません。したがって、最後は自己責任の原則で行動して下さい。

遍路の白装束、余裕のある日程計画、道筋の人々との積極的なコミュニケーションに心がければ、十分安全な遍路旅が可能だと信じています。

なお、男女を問わず、明るい時間帯に行動することが基本です。なるべく早起きして、午後3時か4時には宿に入ることをお勧めします。

女性の野宿について [2002.7.27 追記]

過去、野宿をまじえた歩き遍路の女性もありましたが、ここ数年、遍路の状況も変化しています。現時点では、女性の野宿はお勧めできません。人を信じ易いという遍路の特質を利用して、女性の歩き遍路を狙った犯罪が実際に発生しています。また、遍路の一部には、遍路姿や僧の姿をしていても信用してはならない人物もあります。

野宿と言っても、様々な状況がありますので一概に否定するのは乱暴かも知れませんが、「お四国だから安全が保証されているということはない。逆にそこに付け込む者もある」ということを認識したうえで、行動していただきたいと思います。

 

Q & A 目次に戻る