henro-icon四国遍路について


四国遍路とは?

一口に言えば四国にある所定の88箇所のお寺を回って巡拝することです。昔は誰もが徒歩で回ったのでしょうが、現代では車やバスで回る方が普通です。歩いて回ると1150キロの行程となり数十日かかります。必ずしも宗教的理由で巡拝する人ばかりではなく、観光目的で毎年バス旅行で来る方もあれば、「歩く」ことに意義を見いだして、単に歩く場面として四国を選んでいる方もあるようです。

服装・装備

henro style 白装束が基本です。上下とも白衣を身に付け、手首は手っ甲、足首は脚絆で保護します。菅笠をかぶって、日光・雨を防ぎます。はきものは昔はわらじだったんでしょうが、現代の歩き遍路は軽登山靴やスニーカーが多いようです。

金剛杖は、実用的には悪路を行く際の道具であり、また、蛇などの魔物と戦う武器でもありますが、基本的には弘法大師の身代わりの意味があります。遍路のことを「同行二人」といいますが、この二人とは弘法大師とともに歩くという意味です。

首から輪袈裟というものをかけます。礼拝の正装具だそうですからネクタイみたいなものですね。その他、頭陀袋、数珠、鈴などがありますが、どこまで徹底的にやるかは本人次第です。バスで回る方でも、上白衣と金剛杖は大体の方が持っているようです。

私は、菅笠、上白衣、輪袈裟、金剛杖を身に付けました。

お接待

遍路をしている人に地元の方々が食べ物やお賽銭を差し出します。これをお接待と言います。昔の遍路は何十日もかかって、自動販売機も何もないところを歩きつづけたわけですから、遍路にとっては大変ありがたい風習だったのだと思います。この無償の習わしは現代も生きていて、私も何度か、果物やお菓子やお賽銭の接待を受けました。遍路は、お接待を受けたら断ってはいけないことになっているそうです。

参考文献

四国遍路リンク集


「「掬水へんろ館」