掬水へんろ館 遍路の本 談話室メール
掬水へんろ館四国八十八ケ所霊場めぐり 切り絵集

四国八十八ケ所霊場めぐり 切り絵集萩原幹生四国八十八ケ所霊場めぐり 切り絵集 (成山堂書店,2007年)
本体価格 3000円, ISBN978-4-425-95401-8

宇高連絡船の最後の船長などの経歴をもつ著者は、退職と同時に妻を亡くされました。「ゆとりができれば二人でのんびり霊場をめぐりたい」と話し合っていながら、残念ながら果たすことのできなかった思いを抱いて、札所めぐりをするようになったということです。

本書は、四国八十八ケ所の境内を描いた美しい切り絵に、参拝の思い出を綴った文章が添えられています。妻への思いを語った「天国へのラブレター」ともいうべきものでもあり、朝日新聞香川版に平成15年から平成19年にかけて隔週掲載されました。

描かれた札所の風景には、堂宇をとりまく満開の桜、色づく柿の実など、四季折々の自然のほか、腰をおろして疲れた体を休める遍路、木枯らしにはためく白衣、バックパックの若者、境内で遊ぶ子どもたちなど、多くのページに人の姿が配されています。


くしまひろし

〔広 告〕
この本を買う→
 
amazon.co.jp
Amazon
[四国遍路の本] 目次に戻るCopyright (C)2007 くしまひろし