掬水へんろ館遍路の本談話室メール
掬水へんろ館四国遍路ひとり歩き同行二人(解説編第7版、地図編第8版)

宮崎建樹『空海の史跡を尋ねて 四国遍路ひとり歩き同行二人(解説編第7版、地図編第8版) (へんろみち保存協力会,2007年)
3500円,ISBN

解説編の第7版は、どこを改訂増補したんでしょう?2007年2月15日の最新情報として購入したんだけど。
まえがきで、歩くとは、「不安・危険・不便・不足・苦痛」を体験することと、述べております。
文章は初版以後を一部削除し、表の数字を更新しております。間違えた記述は訂正されません(例:6ページの宿泊費は5800円平均と言いながら、平均6500円で計算しております。四国霊場注釈表に、◎と「新」もれ。「太」滝山)。
地図編の第8版は、表紙に、方位磁石を表示しました。2・3ページを県別カラーにし、磁石必携!を印刷し、下田渡しを削除しませんでした。
地図本体は、廃道も新道も無いよおですが、へんろみちの赤い(点)線が新設・改廃があります。遍路小屋を追加した。屋島ケーブルに休業中を表示した。
距離表示に誤りがあるよおですが、大差ないです(例:30-3の2.4から3.3、35-1の2.7、50-3の31.4から31.8)。
初心者が、へんろみち保存協力会による、へんろふだやシールをめじるしに歩くには限界がありますので、初心者は歩く地図は必要です。
巻末の宿舎と正確な距離は事前計画に必要です。そんじゃま。

投稿者: そんじゃま

[四国遍路の本] 目次に戻るCopyright (C)2007 そんじゃま / くしまひろし