掬水へんろ館遍路の本談話室メール
掬水へんろ館[読者投稿] 幸福論

幸福論
須藤元気幸福論 (ネコ・パブリッシング ,2005年)

格闘家須藤元気さんがお遍路道を歩く。
須藤元気さんといえば、今年の大晦日の顔である格闘家でありながら、映画・ドラマ・CM等で俳優としても活躍中。
高校生の頃、中間テストの前日にあだち充の「タッチ」全巻を読破した後、旅への衝動にかられ鹿児島までヒッチハイクの旅に出たという元気さん。
今回の衝動は、弘兼憲史の傑作「加治隆介の議」を読破した後にやって来た。
軽快で読みやすい文章ながらも哲学的なその内容に彼の才能のすごさを感じます。
「自分が変わることでまわりも世界も変わっていく」
遍路道で出会った多くの人々とのふれあいと自己との対話。その中で何を得たのか。何が変わっていったのか。彼の求める強さとは?幸福とは?
写真もふんだんで、エッセイとしても遍路日記としても楽しめるお勧めの一冊です。

出版社のHP
http://quickservice.bosnet.jp/default.asp?pmz_idxSpec=47696

投稿者: 石原瑛行

〔広 告〕
この本を買う→
 
amazon.co.jp
Amazon
bk1
bk1
楽天ブックス
楽天ブックス
[四国遍路の本] 目次に戻るCopyright (C)2005 石原瑛行 / くしまひろし