掬水へんろ館遍路の本談話室メール
掬水へんろ館四国歩き遍路の旅 【定年】三百万歩の再出発

四国歩き遍路の旅 武藤暢夫『四国歩き遍路の旅 【定年】三百万歩の再出発 (MBC21,1996年)
本体価格 1748円, ISBN4-8064-0516-7

小中学校の教員をしていた著者が、定年退職を期に、心身をリフレッシュすることを目指して、1995年4月22日から歩き遍路に出発、5月29日に涙の結願を果たすまでの詳細な記録です。『四国遍路ひとり歩き同行二人』(へんろみち保存協力会編)の地図に加え、分県地図と5万分の1の地形図も用意し、万全の行動計画により、当初の予定の38日と寸分違わず完歩されているのは驚きです。

最初からかなり雨に悩まされたり、マメの傷の悪化に苦しみ、精神的にも色々な迷いにふれる様子に、自分自身の遍路の記憶を重ねながら読みました。

あとがきに「奥さんをどうして連れていかなかったの?」といろいろな人から言われたというのが、僕とまったく同じなので微笑んでしまいました。

くしまひろし

〔広 告〕
この本を買う→
 
amazon.co.jp
Amazon
bk1
bk1
楽天ブックス
楽天ブックス
[四国遍路の本] 目次に戻るCopyright (C)1996-2001 くしまひろし