掬水へんろ館遍路の本談話室メール
掬水へんろ館定年後初めて行った遍路旅

井上晟伸定年後初めて行った遍路旅 (かど創房,2007年)
1600円,ISBN978-4-87598-215-1

 著者の井上さんと私の関係は、オリエンテーリングの仲間です。何時も同じクラスでオリエンテーリング大会に参加している良きライバル同士です。中学1年生の息子さんを亡くし、会社を定年してから供養のため四国遍路の旅に出ました。その時の記録を写真と文章で綴り自費出版したのがこの本です。鉄道、バス、タクシーを有効に使用して5回の区切り打ちで廻りました。感心したのは、夏の暑さと冬の寒い時期を選び条件の悪い時に行っています。地図を読んで定められたコースを廻るのがオリエンテーリングです。地図を見て霊場を廻るのは得意中の得意のはずですが、四国では何回も道に迷い人に聞きながら廻ったようです。目的地に思うように行けないのが遍路道であり人生そのものだと感じました。

投稿者: 原野 幸男

[四国遍路の本] 目次に戻るCopyright (C)2007 原野 幸男 / くしまひろし