掬水の果て読書日記書名索引著者索引メール

掬水の果て > 読書日記 > 四国歩き遍路の記 -法服を白衣に替えて


四国歩き遍路の記 -法服を白衣に替えて
喜久本朝正四国歩き遍路の記 -法服を白衣に替えて (新風書房,1994年)
ISBN4-88269-279-1

1940年生まれの現職の判事である著者が、夏休みなどを利用した区切り打ちで、4年間4回に分けて歩いて結願した記録です。著者は山歩きなどをなさっておられるようで、かなりの健脚ですが、4回のうち3回は夏に歩いているので、暑さとの戦いだったようです。午前中は冷しトマト、午後はかき氷を楽しみに歩いたとのことです。

本来般若心経を読まないはずの浄土真宗の門徒であるのに、真言宗をベースとする四国遍路に出ることへの悩みもあったとのことですが、後半にはそうしたこだわりもなくなり、般若心経を唱えておられたようです。納経帳なしで歩かれたので、お寺の7時〜17時という納経時間にしばられることなく、自由な旅程なのがうらやましい気もしました。

〔広 告〕
この本を買う→
 

Amazon
[読書日記] 目次に戻る (C)1996-1997 くしまひろし