掬水の果て読書日記書名索引著者索引メール

掬水の果て > 読書日記 > 四国霊場四季暦 へんろみち きせつのかたらい


四国霊場四季暦 へんろみち きせつのかたらい
横田賢一四国霊場四季暦 へんろみち きせつのかたらい (山陽新聞社,2000年)
ISBN4-88197-681-8

山陽新聞解説委員・横田賢一さんによる、1999年3月29日から11月13日まで、7回に分けた歩き遍路旅日記で、文字通り、四季折々の歩き遍路の風景を伝えています。

実際の遍路旅と並行して、1999年4月から12月まで山陽新聞夕刊に連載された記事を出版化したものです。連載とほぼ同時に、同社のホームページにも記事と写真が掲載されました。

本書は、計77回の連載記事に、取材のこぼれ話や歩き遍路へのアドバイスをまとめたコラム、札所メモなどを加えたものです。

プロの記者の記事だけあって、単なる主観的な体験記録に止まらず、社会経済や文化的な変化、人生模様をとらえようという姿勢が出ています。元々は、企画記事のための仕事としての遍路旅だったのでしょうが、あとがきは「ありがとう」の連呼になっています。それだけ、「歩き遍路」の体験は重いものだったということでしょう。著者は、取材を終えてますます遍路の魅力にとりつかれたようです。帯に曰く「"お四国病"うつします」。

なお、売れ行き順調で、発売3日目にして増刷が決定したとのことです。

〔広 告〕
この本を買う→
 

Amazon
[読書日記] 目次に戻る (C)1996-2000 くしまひろし