掬水の果て読書日記書名索引著者索引メール

掬水の果て > 読書日記 > 歩く旅シリーズ 四国八十八カ所を歩く


歩く旅シリーズ 四国八十八カ所を歩く
竹内鉄二歩く旅シリーズ 四国八十八カ所を歩く (山と渓谷社,2000年)
ISBN4-635-01114-3

本書の出版元である「山と渓谷社」、通称「ヤマケイ」は登山のガイドブックや地図の出版で知られたところです。そのヤマケイが出した歩き遍路のガイドブックです。

パラパラとめくると、他に多くある四国八十八カ所巡りのガイドブックと違わないようですが、本文を読むと本書は独特であることが分かります。札所の解説ではなく、歩きのプロセスに多くの分量を割いているのです。

藤井寺本堂のすぐ左から山道の登りが始まる。焼山寺まで約13キロ。登りの標高差の累積は1100メートル。はやる気持ちを抑え、ゆっくりと自分のペースを守りながら歩くことが重要。途中、食堂の類は一切なく、水場も限られるので、弁当・水筒は必携である。

〔広 告〕
この本を買う→
 

Amazon
[読書日記] 目次に戻る (C)1996-2000 くしまひろし