掬水の果て読書日記書名索引著者索引メール

掬水の果て > 読書日記 > 暗闇のスキャナー


暗闇のスキャナー
フィリップ・K・ディック(山形浩生訳)暗闇のスキャナー (創元SF文庫,1991年)
ISBN4-488-69609-0

前月に引き続き、創元推理文庫の企画「〇〇〇が選んだベスト1/ベスト5」の中から、「宮部みゆきが選んだベスト1」です。

SF文庫なんですが、SF的要素はほんの少しだけです。主題は覆面麻薬捜査で、捜査する側とされる側が曖昧模糊と化す危うい世界です。前半、饒舌なおしゃべりに退屈しましたが、終盤に向けての展開は盛り上がり十分でした。こういうのもたまには良いけど、どうにも疲れる世界で、同じ作者の別の作品にも手を出してみようという気には、今のところなれません。

〔広 告〕
この本を買う→
 

Amazon
[読書日記] 目次に戻る (C)1996-1999 くしまひろし