掬水の果て読書日記書名索引著者索引メール

掬水の果て > 読書日記 > 画文集・心の旅人シリーズII 四国遍路スケッチ紀行


画文集・心の旅人シリーズII 四国遍路スケッチ紀行
久保田恵一画文集・心の旅人シリーズII 四国遍路スケッチ紀行 (創栄出版,2001年)
ISBN4-434-01175-8

1999年(平成11年)10月から翌年の9月まで、4回の区切り打ちの歩き遍路の日記です。心に残る風景をスケッチしながらの旅で、本書にはカラーやモノクロ26点の作品が掲載されています。

僕は普段、絵を鑑賞するような趣味はないのですが、本書のスケッチを1枚1枚見ていると、自分自身も出会ってきた風景だけあって、思い出が新たになります。写真と違って、木の葉1枚、おぼろげな光線の気配にも、一筆ごとに著者の意思が働いて絵が出来上がっているわけで、自分が見落としてきたものを届けてもらったような気がしました。

著者の久保田恵一さんは、1950年(昭和25年)生まれ、土木工事の会社に勤務された後、洋画を学び、2000年(平成12年)には、京都、奈良などを題材にした画文集『心の旅人』も出版されています。

〔広 告〕
この本を買う→
 

Amazon
[読書日記] 目次に戻る (C)1996-2001 くしまひろし