掬水の果て読書日記書名索引著者索引メール

掬水の果て > 読書日記 > 微笑みがえし


微笑みがえし
乃南アサ微笑みがえし (祥伝社ノンポシェット,1996年) [KKベストセラーズ,1991年]
ISBN4-396-32525-8

先月海外出張したときに飛行機の中で読もうと買って行って、結局読まないでそのまま持って帰った本です。

女の子たち同士の友情とその裏にある偽善--といったテーマです。それも女の子たちが大人になってからの物語なので、その世界は凄味があります。

男の場合は、イヤな相手とは喧嘩してしまうか、単に接触を避けるか、あるいは自分自身に理屈をつけて(「合理化」して)社会的つきあいだけはこなすか…というところなのですが、この本の世界ではニコニコしながらチクチクするというわけで、これが女性心理の実態だとすると、男としては恐ろしくなります。

このように、登場する女性は決して「いい人」たちばかりではないのですが、それぞれの形で自己実現に取り組んでいること、人生に必死に向かっていこうとしている姿勢に感服してしまいます。僕はこんなに陰険な性格ではない積もりだけど、では、充実して生きていると言えるのか?--と。

〔広 告〕
この本を買う→
 

Amazon
[読書日記] 目次に戻る (C)1996-1997 くしまひろし