掬水の果て読書日記書名索引著者索引メール

掬水の果て > 読書日記 > 蛇を踏む


蛇を踏む
川上弘美蛇を踏む (文藝春秋,1996年)
ISBN4-16-763101-6/4-16-316550-9

芥川賞受賞作の「蛇を踏む」のほか、中編2編を収録しています。とにかく書き出しがそそります。

「蛇を踏む」では「ミドリ公園に行く途中の藪で,蛇を踏んでしまった。」

「消える」では「このごろずいぶんよく消える。」

「惜夜記」では「背中が痒いと思ったら,夜が少しばかり食い込んでいるのだった。」

ぐっと引き込まれてしまいます。

僕は同じ本をめったに2度は読まない方ですが、「蛇を踏む」は2度読んでしまいました。日常性と非日常性これは小説というよりは詩です。気に入った詩は何度も読むものですよね。

「惜夜記」は物理学の素養のある人にとっては格別の味わいのある、これも詩だと思って読むといいでしょう。いくつかの節に別れていますが、その題名も「シュレジンガーの猫」、「フラクタル」、「獅子」と、実にそそります。

〔広 告〕
この本を買う→
 

Amazon

Amazon
[読書日記] 目次に戻る (C)1996-1997 くしまひろし