掬水の果て読書日記書名索引著者索引メール

掬水の果て > 読書日記 > 介護入門


介護入門
モブ・ノリオ介護入門 (文藝春秋,2004年)
ISBN4-16-323460-8

芥川賞受賞作品です。高齢化社会を背景にして、「誠に時宜を得たテーマ」ということは確かです。また、僕の妻がホームヘルパーをしている関係で、介護の問題にも多少関心があり、さっそく読んでみました。

祖母を自宅で介護するパンクな青年が主人公で、「暗い」とか「高齢者が高齢者を介護する時代」といった雰囲気とのギャップが一つの舞台装置になっています。介護するものの閉塞感、周囲の無責任な言動、被介護者と心が通ずるときの達成感など、介護生活の機微が描かれており、今の時代に必然的に現れた情報小説としての存在価値をもっていると思います。

とはいえ、「YO」とか「ニガー」とかいった奇をてらった語り口は感情移入を阻んでおり、究極的には主人公の優越感のようなものが後味として残ってしまいました。

〔広 告〕
この本を買う→
 

Amazon
[読書日記] 目次に戻る (C)1996-2004 くしまひろし