掬水の果て読書日記書名索引著者索引メール

掬水の果て > 読書日記 > 陰の季節


陰の季節
横山秀夫陰の季節 (文藝春秋,1998年)
ISBN4-16-318080-X

警察を舞台にしたミステリーですが、いわゆる犯罪物ではありません。「警務部」という人事や監察を職務とする職場を中心とした、警察内部の人事異動などをめぐる陰謀がテーマの物語です。1998年第5回松本清張賞受賞作の表題作『陰の季節』のほか、『地の声』、『黒い線』、『鞄』の3編が納められています。

権力闘争というような大げさなものでなく、昇進や天下りといった個人の欲望に端を発するはかりごとを、作品ごとに入れ代わる主人公が解明していきます。本当に警察内部に似たような文化があるのかどうか知りませんが、サラリーマン世界では「とてもそこまでやらないよな」というようなどぎつい策略の謎解きとどんでん返しが楽しめます。

〔広 告〕
この本を買う→
 

Amazon
[読書日記] 目次に戻る (C)1996-2001 くしまひろし