掬水の果て読書日記書名索引著者索引メール

掬水の果て > 読書日記 > ダンスシューズが死を招く


ダンスシューズが死を招く
メアリ・ヒギンズ・クラーク(深町眞理子訳)ダンスシューズが死を招く (新潮文庫,1996年)
ISBN4-10-216608-4

むかし、この作家の「誰かが見ている」や「愛しいひとの眠る間に」を読んだことがあって、洒落たサスペンス感覚に富んだ作品に満腹感を得た記憶があります。偶然本屋でこの本を見つけたので買ってみました。

犯人の可能性のある人物はあらかじめ何人か提示されており、だんだんと終局に向けて物語が煮詰まっていくところはワクワクします。

〔広 告〕
この本を買う→
 

Amazon
[読書日記] 目次に戻る (C)1996-1997 くしまひろし