掬水の果て読書日記書名索引著者索引メール

掬水の果て > 読書日記 > 警告


警告
パトリシア・コーンウェル(相原真理子訳)警告 (講談社文庫,1999年)
ISBN4-06-264736-2

生まれつきの奇病で異形の人物が犯人だったり、インターポールが出てきたり、ますます刺激的な材料がちりばめられた作品で、僕としては作品がこういう方向に行くのはあまり好みません。ネタ切れってことなんでしょうか。マリーノがかろうじて人間味をふりまいていますが、ルーシーも荒んでいく一方で悲しいです。

巻末の解説によるとコーンウェルは「検屍官シリーズ」は十作で終ると言っていたそうです。で、この『警告』がその十作目なのですが、これで終わりなのかどうかは分かりません。ベントン亡き後、何だか新しい恋人が出来たようなので、より国際的な活躍に向けて次のフェーズに入っていくのかも知れません。

〔広 告〕
この本を買う→
 

Amazon
[読書日記] 目次に戻る (C)1996-2000 くしまひろし