掬水の果て読書日記書名索引著者索引メール

掬水の果て > 読書日記 > 魍魎(もうりょう)の匣(はこ)


魍魎(もうりょう)の匣(はこ)
京極夏彦魍魎(もうりょう)の匣(はこ) (講談社文庫,1999年) [講談社ノベルス,1995年]
ISBN4-06-264667-6

『姑獲鳥(うぶめ)の夏』に続いて最近文庫化された京極夏彦の第2作です。「魑魅魍魎」(それにしてもすごい漢字!)ぐらいしか使わない魍魎とは何なのか。匣(はこ)って何なのか。題名からして謎めいています。

冒頭から登場する「匣(はこ)にぴったり入った美しい娘」という猟奇的なイメージを、つい凝視してしまい、そして主役京極堂こと中禅寺秋彦が繰り広げる嘘かまことか判然としない博識に、妙に納得しながら、「憑き物」の世界に引き込まれてしまうのです。

〔広 告〕
この本を買う→
 

Amazon
[読書日記] 目次に戻る (C)1996-1999 くしまひろし