掬水の果て読書日記書名索引著者索引メール

掬水の果て > 読書日記 > 業火


業火
パトリシア・コーンウェル (相原真理子訳)業火 (講談社文庫,1998年)
ISBN4-06-263937-8

スカーペッタ検視官シリーズの9作目です。おなじみのマリーノ警部、すでにFBIをリタイアしたプロファイラのベントン、そして姪のルーシーといった常連に加えて、またもやキャリー・グレセンが出てきます。

大きな屋敷の火災からストーリーは始まり、ヘリコプター活劇を含めてスケールの大きな物語となっています。例によって、科学捜査の最先端がうかがえる描写があり、特に今回は火災現場の捜査など興味深いものがあります。

難をいえば、キャリーはどんな技を使ったのかとか、インターネット回りの小技が具体的に説明されておらず、ハラハラ感の物足りなさが残ったことでしょうか。

〔広 告〕
この本を買う→
 

Amazon
[読書日記] 目次に戻る (C)1996-1999 くしまひろし